髪が細くなった シャンプー

髪が細くなった【洗浄力の強いシャンプーは危険】

髪が細くなった【洗浄力の強いシャンプーは危険】

髪の太さは人によって違うもので、生まれつき細い人もいます。
もともとが細いのであれば特に問題はありませんが、今までは太かったのに細くなったという方は要注意です。
髪が細くなる原因は、まず加齢によって毛根組織の機能が低下するということが考えられますが、実はそれだけではありません。

 

髪の毛が健康でハリがあって太さを保つことができるのは、しっかりと栄養が行き届いているからです。
栄養をきちんと届けるには、頭皮に柔軟性があり、栄養や酸素を運ぶ血液が規則正しく流れて、全体的に行き渡っているという環境が必要になります。
ですが、頭皮環境というのは刺激などによって悪化してしまうため、血液の流れが滞ってしまいます。
顔や身体なら目が届くので、何らかのトラブルがあれば気がつきやすいのですが、頭皮は髪に覆われているため、血行不良を起こしていてもなかなか気がつきません。
その状態を放っておいたままになってしまうと、栄養が行き渡らなくなり、髪が細くなるという症状が出てからやっと気がついたりするのですね。

 

ただ、頭皮への刺激と言っても、特に思い当たることはないという方も多いでしょう。
ですが普段何気なく使っているシャンプーが、強い刺激となってダメージを与えてしまっています。
シャンプーの刺激というのは洗浄成分にあり、洗浄力が強いものほど頭皮の環境を悪化させやすいのです。

 

シャンプーは頭皮や髪の汚れを落とす、という目的で使うため、洗浄力が強いものの方が良いと思っているかもしれません。
抜け毛などの原因にしても、頭皮に残った汚れというのが挙げられたりするので、とにかくしっかり落とさなくてはいけないというイメージがあるでしょう。
ですが、洗浄力が強いと、頭皮を刺激から守る皮脂までも落としてしまい、そのせいでダメージを受けて血行不良が引き起こされ、結果的に髪への栄養が不足してしまうのです。
ですから、髪が細くなったという症状が出た方はもちろん、そういった状態にならないためにも、洗浄力が強すぎないアミノ酸系シャンプーに切り替えて、髪の健康を保ちましょう。

 

 

 

頭皮のかゆみ シャンプー | うるおってシャンプーの口コミ

ホーム RSS購読 サイトマップ